放っておけば、もっとヒドくなっていく足の臭い。

2019年4月更新

 

 

臭い 対策

足のニオイのことで悩んでいる人は、意外に多くおられることは、分かってきています。
この悩みは、男性だけでなく、女性も悩んでいる人は、結構多いです。

 

 

足の臭いに悩みだすと、余計に考えてしまうことで、ストレスになり、さらに臭いの元を作ってしまったりすることもあります。

 

精神的なことも臭いに関係しています。

 

 

 

 

 

自らの足の臭いで、イヤな気持ちになった時のデータ

 

◆会社帰りに居酒屋で一杯やることに。座敷に上がることは確実。。。

 

◆急に知り合いのお家にお邪魔しなければならなくなったとき。

 

◆趣味(習い事)の教室で、くつを脱いで集まる時。

 

◆混雑している服屋さんでの試着室。後ろにも待っている人がいるとき。

 

◆冬の電車で、4人掛けの座席に座っていたら、足下から温風が出てきたとき。

 

◆歯医者さんでの治療中。治療台に乗っているので足元が心配。

 

◆ホテルや旅館での、お風呂場の脱衣所で靴下を脱ぐとき。

 

◆彼氏や彼女と、初めての1泊2日の旅行。

 

 

臭い 改善

やはり、人と接近するときが一番気を使いますよね。。。。
まだまだ他にも沢山出てくると思いますが
上の例を読まれて、どこかでストレスに感じてしまったあなたは

 

すでに体が危険信号を出しているのです。

 

 

 

ニオイのことで悩んでいると、このような願望も出てくると思います。

 

 

『自分のニオイのせいで、周りの人に嫌な思いをさせていないか?』という不安からくるストレスから、解放されるときがきたら。。。。

 

ニオイなんかまったく意識せずに、どこで何をしていても、快適に過ごせたら。

 

 

 

足の臭いの悩みから解放されたら、気になっている無駄な時間もまったくなくなって、どれだけスッキリした気持ちで毎日を過ごせるようになるのか、想像してみるのも大事です。

 

足の臭いを消す方法は、その原因をちゃんと知ることと、ニオイを消す対策を前向きするだけで、あなたの気にするニオイがどんどん改善されて、無臭になっていきます。

 

 

クサい足の臭いを消す方法

 

ここから2つに分かれます。あなたが今悩んでいる、または改善を望んでいるところに進んでみてください。

 

なぜ、クサいニオイがするのか?

 

まずは臭いの原因について知っておくほうが、絶対に良いと思います。
クサい臭いにまつわる、情報を見てみることによって、あなたの対応するべきポイントが分かってきます。

 

 

 

 

ぼくが実際にお金を出して購入し、『これ、いい!』と実感した、おススメの足のニオイ対策グッズ

 

家にあるものでも、色々対策はできます。使えるものは、どんどん利用していきましょう。

 

でも、毎日忙しくて足臭対策に時間をかけることができない方は、専用の対策グッズを利用することも有効です。

 

※このホームページでも、実際に使ってよかったおススメグッズを何点かご紹介しています。

 

現代の技術で作られたグッズは、本当によく研究されていて、臭いを消すだけでなく、衛生的に処置できることも多いです。
僕が実際に購入して使ったものの中で、本当に『これ、いいな!』と実感したものだけ、紹介しておきます。良ければ見てください。

 

 

足の臭いの我慢が限界!キツめのあなたはコチラをどうぞ。

 

 

足の臭いが気になってきたあなたは、コチラをどうぞ。
※お子様にもおススメです。

 

 

 

 

 

サイト管理人の足の状態

 

ぼくの足の激臭のピークは、40代に突入してから、靴を脱いだ時のニオイが異常にくさくなりだしました。

 

 

詳しくはこちらのページで書いています。

 

 

 

今では問題のイヤな臭いがピーク時から約90%改善されました。あと少しのところまできました。

 

もちろん今も実践中ですが、臭いが確実に改善されたことと、対策のポイントがすでにわかっています。

 

 

こういったことがあったので、同じ悩みを持っていて悩んでいる人の気持ちが痛いほど分かります。

 

わかるからこそ、僕のどんくさい経験を、改善のために役に立てて欲しいとおもっています。あなたがニオイを消す方法を一から探したりする時間がショートカットできると思うんです。

 

このサイトを読んでいくにつれて、ニオイの知識がどんどん増えていきます。

 

そして、実際にニオイの変化を感じることができるようになってきたら、気持ちも、いまよりもっと前向きになってきます。

 

まずは、そこまで行くことを、ぜひ目指してほしいと思います。