足臭がどんどん減っていく洗い方

 

 

殺菌成分の入っている足専用の石鹸で洗いましょう。

 

入浴時を思い出して欲しいのですが、お風呂で足を洗う時に、何を使って洗っていますか?

 

 

答えが普通の『ボディソープ』と答えた方は、ちょっと待ってください。

 

足臭対策をするときは、足臭専用のアイテムと、ボディソープを使い分けたほうが良いです。

 

 

なぜかと言いますと、
市販のボディソープには『保湿成分』が含まれているものが多いからです。

 

 

これが足臭対策にはネックになってくるわけで、保湿成分は、足臭の敵、つまり、汗をかきやすくする逆効果もあるんです。

 

 

 

 

最近では強力な足臭専用の薬用石鹸などありますので、やはり、体全体を洗うために作られたものより、足の臭いに特化したものを使うほうがはるかに効果が期待できます。

 

方法は簡単で、まずは体全体を普通のボディソープで洗います。
そして、最後に足のケア(角質を除去したり、専用のソープで洗う)をする流れがベストです。

 

洗い方は、あまり力強くゴシゴシと洗うのも良くありません。sousitesimauto,
体を保護している大事な成分まで洗い流してしまうおそれがあるからです。

 

 

足のケアで使用する道具は、自分専用に置き場を作ることをおススメします。
誰が見ても使わないように分かりやすく、取りにくいようにしておくことがベストです。

 

 

 

 

足の指の間と爪の部分も見逃さずにしっかりと洗う

 

足 におい

水虫で困っている人もいると思います。大体の、水虫ができそうな部分が
『足の指の間と爪の部分』に近いです。

 

人によっては、指の間を洗い残すことが多い傾向にあります。ですので、それが原因で雑菌や古い角質が残ってしまって、後々のクサい臭いの原因の一つにもなってしまいます。

 

ですので、足の指の間もしっかり(優しく、丁寧にという意味)洗ってください。

 

 

力を入れすぎて、こすりすぎて皮膚を傷つけてしまうとまた菌や水虫の増殖の源にもなってしまうので
しっかりと石鹸の泡でカバーして優しく、ていねいにこすって、洗い流すのがベストだと思います。

 

 

足臭と水虫の関係について

 

 

足の臭いの原因になる菌は、古い角質を分解するときにもニオイを出します。
ですので、角質をマメにとるということがニオイ軽減のひとつになります。

 

 

気づかれている方もおられると思いますが、足の角質は主にかかとに多く、放っておくとだんだんと厚みを増してきます。

 

靴をはいていたりして蒸れてしまった足の角質部分は、蒸れた水分や汗腺から出た皮脂などと混じり合ってやわらかくなっていき、水分と角質で菌がどんどんと増えていってしまいます。

 

僕の場合は、角質を除去することが、かなり下手で、認識も甘かったです。反省してから日にちをかけて、じっくりと丁寧に掃除していきました。

 

ていねいに根気よくやっていくと、本当にきれいになります。
そして、菌の住める場所も、だんだんとなくなっていきます。
菌は目に見えませんが、テレビのコマーシャルのバイ菌君みたいに、住むところがなくなって困っているのを想像しながら掃除しました。

 

 

足の角質を取り除く方法

 

 

粗目の足専用タオルを用意する

足の角質をとると言えば、すぐに思いつくのが『軽石』ですが、実は使用するときに、ちゃんとした知識をもっていないと、本来必要な角質までけずってしまう危険もあります。

 

特にはじめて角質掃除に挑戦しようとしている方にはあまりおススメできません。

 

別ページでもご紹介していますが、こすりすぎない軽石というものが販売されています。

 

一応、ご参考にリンクを置いておきます。

 

こすりすぎない、シルク軽石のページへ

 

 

丁寧にやさしく、じっくりと洗ってゆくだけでも、十分な効果ははっきりと出てきました。

 

 

 

 

 

 

濡れた足ふきマットは、超危険です!

よくあることだと思うのですが、誰かお風呂に入った後に自分の番がきて、入りに行くと、
足ふきマットがべちゃべちゃになっていた!ってことはないですか?

 

足の古い皮膚や脂が付着しやすい湿った足ふきマットをそのまま敷きっぱなしにしておくことは、足の臭い菌や、水虫が感染する可能性は十分にあります。

 

 

ですので、その対応策として、足ふきマットの代わりにタオルを使って、使用後は毎回洗うことがベストです。
これで、菌が他の人に移ることを防ぐことが出来ます。

 

 

 

 

爪を清潔に保つ

足 臭い 原因

こまめに爪をチェックして、必要ならば切る

爪の裏には、皮脂や垢(アカ)などの汚れがたまりやすい場所です。放っておくと雑菌が増えて臭いを発します。
もし、爪を伸ばしている状態でしたら、臭い対策のために切ってしまうことをおススメします。

 

こまめに爪を切り、清潔に保ち、爪は切りすぎない程度(先の白い部分が少し残る程度)に切っておくことで、臭いの元の居場所がほとんどなくなります。

 

 

 

爪切りは、個人用を使いましょう

 

もし、あなたのご家族で爪切りを共用されているのでしたら、すぐにやめることをおススメします。

 

なぜなら、爪切りを共用することで足の臭いの菌が移ったり、水虫に感染する可能性が出てきます。
個別に爪切りを持つようにすることが、ベストです。

 

毎日お風呂で足をきれいに洗っているのに、足の臭いが取れない…。そんな人は、足の爪が臭いの原因かもしれません。

 

実際には、『爪』そのものが臭うのではなく、爪の間に皮脂やアカなどのよごれが溜まっているんです。
これは、とてつもなく臭いです。爪の奥にたまったアカは、こすったくらいではなかなか落ちません。
対策方法は、爪を伸ばさないことです。アカなどをためなくしてしまうんですね。

 

 

僕も、爪が臭った時もありました。ですので、今はこまめにチェックして、清潔に保っています。

 

 

爪の切り過ぎには注意
たしかに、爪を伸ばさないようにすればアカなどもたまりにくくなりますが、逆に切り過ぎてしまうと、爪が足の指の肉に食い込んでしまったり、巻き爪などになってしまったりします。

靴下 臭い

 

爪の切り方(足の臭い対策用)

足臭 消す

足の爪を切る時の目安なのですが、爪の先端の白い所が1ミリ残るくらいが良いとされています。

 

爪の先の形は、指の形に合うように、

 

@全体を横にまっすぐ切る。
A両端を少し斜めに、浅く切るようにする。(深く切らないよう、注意です。)

 

 

他に、爪の間のアカをきれいにする方法は

 

足の爪専用のアカを取るものもあります。
もしかしたら、爪楊枝などを使ったりしていませんか?

 

爪楊枝などの、先がとがっているものを使用するときによくあるのですが
力の加減では、痛みを感じるくらい突っ込んだりしてしまいがちです。
そうならないように、専用の道具もありますので、安全で確実にキレイにできるものを使いましょう。

 

これは僕も持っていますが、結構気持ち良いです。ストレス発散になるくらいです。

 

 

あと、歯ブラシを足の爪掃除に使うのも良い方法です。
手で持つところもしっかりしていますし、扱いには慣れていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ