臭いを消すための、靴や靴下、ストッキングの注意点

一日のうちで、多くの時間を一緒に過ごしている靴や靴下、ストッキングの対策をしていきましょう。

 

これを分かっていないと、お風呂場などでの努力も水の泡になってしまいますから、チェックしていきましょう。

 

足 におい

 

 

靴を、毎日ローテーションで履き替える

 

 

サラリーマンの方で、特に営業職の方に非常に多く見る革靴ですが、とにかく蒸れやすいと思います。

 

できるかぎり、そのような蒸れやすくなる靴は避けることがベストなのですが、そうはいっていられない方も、たくさんおられると思います。
仕事で必要ならば、ほかに対策を考えなければいけません。

 

その対策とは、ローテーションで毎日、靴を換えることです。

 

ポイントは、毎日同じ靴を履かないということです。
靴代が余計にかかってしまうかもしれませんが、これも立派な足臭対策なんです。
しかも、結構効果があることが実証されています。

 

 

なぜなら、足のクサいニオイの元の菌は、実は靴にも移ることが分かっています。

 

靴は、一日履くと、かなり汗を吸い込んでいる状態になっています。
その汗が乾かないうちに次の日が来ます。その靴を、翌また履いてしまうと靴の湿気がなくなる時間がないわけです。

 

せっかくお風呂の時に、足を一生懸命洗ってキレイにしていても、毎日同じ靴を履いていたらまたニオイが元の状態に復活してしまいます。お風呂場での苦労も水の泡です。

 

 

 

理想は、3足以上の靴のローテーションを組めたら、ベストです。

 

 

 

それでは、休ませている靴の扱い方についてなのですが、良い天気なら、天日干しで湿気を乾かすことです。乾燥してしまったら、菌は大方死滅します。

 

天日干しよりも良い方法があるのですが、水洗いできる靴なら、洗ったうえで天日干しできたら最高です。
でも、革靴のような直射日光に当てられない素材の場合は、風通しの良い所で陰干しがベストです。

 

とにかく足臭の元の菌は、『日光』と『風』に弱いんです。

 

作業的にはメンドクサイということが正直な意見ですが、長い目でみれば靴も長持ちして経済的にもなります。
逆に『気分転換』で靴を履き替えていると思うと、案外良いテンションが保てるかもしれません。
ぼくは、結構気分転換になります。

 

 

靴をローテーションすることで出てくる、意外なメリットもあります。

 

靴を毎日履き替えることで、靴の持ちが良くなります。一度履いた靴はダメージをもっていますが、時間が経つにつれて、復活してくる部分もあります。

 

ですので、意外なところで靴の持ちが良くなるというメリットもあるわけです。

 

 

 

 

 

靴の中敷きは、除菌・殺菌効果のあるものに替える。

 

次に、靴の中敷きは消臭してくれるものがあるので、それをつかわない手はないです。
そのようなインソールには、汗を吸い込んでくれたり、除菌してくれたりしてくれます。

 

この方法はただ、買って手軽に敷いておくだけですので、まだの方は、交換をおススメします。

 

 

靴 匂い
足臭を追い出すインソール『菌ピタ君』

 

 

足にピッタリサイズの靴は、ニオイを防ぐ効果がある。

 

 

足 臭い

足の臭いの原因は汗によるムレから起こっていきますが、靴の選び方によってそのムレを軽減することができます。
ニオイを防ぐ靴の選び方を知っておきましょう。

 

 

足に合わない靴がムレをヒドくさせている原因になることもあります。

 

臭いを防ぐには靴の中のムレをできるだけ抑えることが大切です。
それには意外に知られていませんが、靴のサイズが関係しているとも言われています。

 

 

自分の足にぴったり合う靴を履くと臭いにくくなります。
靴のサイズと臭いが関係あるのか不思議に思うかもしれませんが
秘密は「靴のポンプ作用」にあります。

 

自分の足に合ったぴったりの靴でしたら、歩行時に地面を踏むことで靴の中の換気が促されます。これが「靴のポンプ作用」です。
この働きによってムレにくくなりニオイを防ぐことができるようになります。

 

逆に、きつすぎる靴は足にとってストレスになるため、良くないです。
また、ゆるめのの靴はイメージ的には通気性が良さそうに思いますが、意外にポンプ作用が働かず換気が悪く、ムレが解消されにくいのです。

 

足のサイズは1日の中で微妙に変化しているので、選ぶのは15時頃がベストとされています。

 

 

 

その後は、以降の点に注意しながら、必ず試し履きをしましょう。

 

 

 

自分の足幅に合っているか確認しましょう。

 

最近はインターネットなどを通じて海外のデザイン性重視の製品が多く市場に出回っています。
デザイン性がよく自身の足幅に合っていれば問題ないのですが、日本人の足の特長までを
考えられずに作られた商品も多いので、購入の際は注意しましょう。

 

 

 

足の先が靴の前部に当たっていないか確認しましょう。

 

少し余裕がある程度が最適だと思います。なかなか自分の足に特徴にあった靴を選ぶことは難しいと思いますので、シュー・フィッターなどの専門家のいるお店で購入するのもおすすめです。

 

 

 

 

 

靴の材質や加工によって臭いやすいこともある

足の臭いと靴

足のニオイには靴の材質や加工に関係しています。例えば防水加工がしてある靴は、すごくムレやすいです。
水の侵入を防ぐために通気口がかなり小さなっているので、どうしても湿気がこもりやすくなってしまいます。

 

 

靴に防水用のクリームやスプレー剤を使うと通気性が悪くなることもあります。
スニーカーなどの運動靴は臭いやすいと思われがちですが、現在では通気性の高い商品が多数出回っています。

 

 

また合成革の靴は、以前は本革と比べてニオイやすいと言われていましたが、現在では通気性の良いものもあります。
購入する際にはできるだけ通気性の良い靴を選ぶよう、お店の人に確認してみることをおススメします。

 

 

 

ただどんな靴であっても、漏れたまま放っておけばどうしても臭うようになります。

 

汗をかいて靴がムレた時は、短時間でもいいので靴を脱ぎ乾燥させると臭いを最小限に防ぐことができます。
精神的に、リフレッシュにもなります。

 

足臭と靴

 

 

 

 

靴下・ストッキング対処法

 

靴を脱いだときのあのクサいニオイ、ホントにいやですよね。

 

じつはその時に一番クサくなっているのは靴下やストッキングです。

 

 

先ほど出てきた『靴対策』の中で、靴にも菌が移ることが分かっていただけたと思うんですが
靴下やストッキングは、靴よりも足にそのまま当たっているので、汗や皮脂や古い角質を吸い込んでいます。

 

ですので、当然菌も靴下やストッキングに移っているわけです。
そしてその菌は、靴下の繊維の中で皮脂や角質を分解してくさいニオイを出します。

 

 

靴下の対策は本当に重要です。靴を脱いでも、靴下は履いていますよね。

 

足臭と靴下

では、靴下の対策はどうすれば良いのかということですが
外出中では、できるのなら替えの靴下を初めから用意しておいて、履き替えることも良いです。

 

 

 

汗をかいた足、湿った靴下のまま過ごすと、雑菌がどんどん繁殖してしまいます。
そんなときは、殺菌効果のある洗剤で洗う事をお勧めします。 
一度履いた靴下には、かなりの量の菌が付着しています。

 

 

ですので、靴下を洗うときのポイントは、この菌をキレイに洗い流せるかにかかってきます。

 

 

『履いた靴下をそのまま洗濯機に入れたらいいんじゃないの?』と思っている人が多いのですが
殺菌効果を上げるのでしたら、洗濯機に入れる前に石鹸で手洗いをするのが良いとされています。

 

 

その石鹸ですが、手で洗う時に使っている殺菌効果のある石鹸でも大丈夫です。

 

見た目を気にしなくて良い人で、洗うのも手間でなければ5本指ソックスも効果が期待できます。

 

 

 

ここが大事なところですが、靴下を洗うときはしっかり裏返しにして洗うのが基本になっています。それがベストです。

 

どうして裏返さなければならないのかと言いますと、足に直接あたる靴下の裏側に皮脂や角質が付くからです。
たしかに手間なのですが、小さなことの積み重ねが、臭いがどんどん減ってゆくことに繋がっていきます。

 

ニオイ対策は、あらゆる角度から検証して、総合的にやっつけていくんですね。

 

 

 

 

あとは、靴下の素材が通気性の良いものを選ぶということもできます。
これは、靴のお話と似ていますが、通気性の良い素材の靴下をなぜ選ぶのかというと汗を外に放出させて蒸れることを減らす働きが期待できるからです。

 

ストッキングの場合は、ナイロン製品や綿100%はかなり通気性が悪いので履かないようにしましょう。
通気性の良いストッキングは、麻・シルクなどです。

 

 

 

 

 

 

他の注意点として、足がしっかりと乾いてから履くことを習慣づけるということです。

 

 

靴下やストッキングの中が蒸れてしまう原因の一つなのですが、濡れた足が乾ききっていないうちに靴下やストッキングを履いてしまうことです。

 

特に足の指の間が乾く前にに履いてしまったら、1日中その部分が湿ったままになることも考えられます。
ニオイ菌を自ら培養しているみたいになってしまいます。

 

ですので、足が完全に乾いてから履くことを習慣にしてください。

 

 

 

 

 

まとめ

 

長時間、身についているものには、通気性が良いものほど、ニオイを押さえることができるということが言えます。

 

 

自宅では、色々対策が出来ますが、ポイントは、仕事などの外出時は、足をできるだけ湿気させないということです。
そして、うまくトイレなどを利用して靴下を履き替えたりして、乾燥を保つことを意識してください。

 

湿った靴下を履き替えるとき、気持ちが良いです。 リフレッシュを兼ねることもできます。

 

靴下の手入れ

 

 

トップページへ