水虫の人は、足がクサいのか? 

足のことで、気になる言葉が一つ出てきました。

 

 

それは、『水虫』です。

 

 

水虫だけが問題の人は足が臭い、というイメージがありますか??

 

調べてみた結果、衝撃の事実が判明しました。

 

水虫の原因の菌である白癬菌(はくせんきん)というのは『カビの一種』で、はじめから人間の皮膚にはいなくて、臭いも発しないということです。
足の臭いの原因となる菌は、もともと人の皮膚に存在する「皮膚常在菌」というものです。

 

 

 

まとめますと、足臭の菌と、水虫の菌は、まったく違う菌で、直接関係ないということです。

 

 

 

白癬菌と皮膚常在菌の好む環境は非常に似ています。どちらも高温・多湿を好みます。
ですので、足の臭いと水虫は同時に発生することが多くなります。

 

 

『足のニオイ対策、実践編』で書いてあることをすると、水虫の対策にも一定の効果がありそうです。

 

しかし、つきつめると足の臭い対策だけなら、足を清潔にして、ムレないようにできれば基本は抑えることができますが
水虫ができてしまっていたら、足臭とは別物として考えるべきで、『水虫の治療』が必要になってきます。

 

 

水虫のことから、臭いのことを調べてみると、少なくとも爪水虫には臭いはないと言われています。

 

しかし、水虫が好むような高温・多湿の悪い環境の中では、どうしても汗をかきやすくなるし、臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすいです。

 

また皮脂や角質の酸化が起こって、臭いもヒドくなるので、足が臭い人は『水虫予備軍』の可能性があるかもしれませんし、水虫の人も足が臭い可能性も出てきます。

 

 

 

 

なぜ水虫になるのか?

 

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚や爪に棲みつくことで発生する感染症です。初期症状はかゆみが良く見られますが、長期化すると水ぶくれができることもあります。

 

白癬菌(はくせんきん)は高温・多湿で活発に活動するため、蒸れた足は菌にとって増殖するのに最高に良い環境となり、足の皮膚や爪にある「ケラチン」というタンパク質を食べながらどんどん繁殖していきます。

 

 

 

 

よくある水虫の症状

 

指と指の間が、『じゅくじゅく』するタイプ

 

土踏まずのあたりに、『小さいぽつぽつ』ができてかゆくなるタイプ

 

かかとが『ザラザラ』になり、皮がむけるけど、かゆみはまったくないタイプ

 

親指などの爪に感染して、爪が白く厚みがあり、『ごつごつ』とした感じになるタイプ(いわゆる爪水虫)

 

 

このように、水虫でも、色々なタイプがあります。足の臭いが気になっている人でも、水虫の観点からも、一度チェックすることをおススメします。

 

 

 

トップページへ