脇の多汗症になる原因

わきが 原因

多汗症のメカニズムをちゃんと知っている人は、あまりいないみたいです。

 

強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは脇の多汗症の原因の一つです。

 

この精神性発汗は誰でも起こる可能性があります。

 

過剰に発汗症状が現れるのが局所性多汗症と呼ばれ、これが脇の多汗症なのです。

 

 

人間は不安を感じたりすると、自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、その結果、汗腺の動きが活発になって汗をかきやすくなります。
また、細かなことを気にしやすい人や、性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすいようです。

 

脇の多汗症になる原因には、ホルモンバランスが崩れることで起こる場合もあります。
自律神経は、汗腺を司って(つかさどって)いますが、ホルモンの影響を大きく受けている部分でもあります。

 

体温調整機能の乱れにより脇の多汗症がひどくなった場合、原因はホルモン失調からくる自律神経の乱れであることもあります。

 

脇の多汗症の原因としてホルモンバランスの乱れが原因の可能性があると、、ホルモンバランスは更年期障害などの女性ホルモン減少によって乱れているのかもしれません。

 

食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。

 

交感神経は活動が活発になると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけでなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する作用があります。
これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなります。

 

 

 

脇の多汗症対策について

 

脇の多汗症の対策を考えてみましょう。

 

まず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスを心がけましょう。

 

精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールが大事です。
物事をいつまでも気にせず、フラストレーションは発散させましょう。

 

 

食べ物も多汗症には関わっています。汗をかきやすい食べ物は、辛いものや熱いものなどの刺激物、動物性脂肪の多い肉類などです。
動物性タンパク質は、皮脂腺からの皮脂の分泌も促すため、脇の下の汗の原因だけでなくワキガの原因にもなります。

 

ネオテクトやクリアネオなどの、臭いを抑えるデオドラント効果のある制汗剤を使って発汗を減らすことも、多汗症対策には効果があります。

 

脇に汗をかくと肌表面の雑菌が分解されてニオイが発生しますが、このニオイを防いでくれるのが制汗剤です

 

汗をかいたままにしておかないことも、多汗症対策には有効です。
洗い流すことができれば一番いいのですが、無理な場合はタオルや汗取りシートで汗をこまめに拭き取ります。

 

通気性の良い素材を選んだり、肌の上には吸水性の良いシャツを着て汗じみが目立たないようにすることで精神的にも安心できて、汗をかかない対策になります。
日常の生活の中で、脇の下に汗をかいても気にならないようにすることが大切です。

 

多汗症の原因や症状は人によって少しずつ違うので、自分に合う対策を是非、立ててみてください。